皮膚科専門医による脱毛

脱毛をした後の女性
脇の永久脱毛をする場合、脱毛サロンなどでの問題をチェックしていたため、最初から皮膚科でレーザー脱毛をしているところを探していました。

その頃はまだ、一般の皮膚科でレーザー脱毛をしているところはそこまで多くはなく、そのクリニックも皮膚科医が運営していたものではありましたが美容専門のクリニックでした。

南青山にあるだけあってクリニック内は衛生的でした。

オンラインで代金を前もって知る事ができたのも心配無用でした。

私が行ったコースは20万円で脇、Vライン5回にわけてするというセットのもの。

はじめ、若干不機嫌な看護師の問診があり、お願いコースが確定すると処置室へ。

処置室もいつものクリニックよりは美しいではありましたが、帰するところ処置室ではありました。

ものすごくくつろげる感じではないのですでした。

皮膚科専門医が開業しているとはいえ、皮膚科医が行うのは施術前の診察と、脱毛を行う上で問題になる事が内科などの参考に、範囲の参考に。

あとは帰宅後の注意すべきポイントの指導程度。

ごく短いものでした。

施術本人は看護師が。

多少ぶっきらぼうな感じで、割とはずかしいところを見せるという事に対する配慮はあまり感じられませんでした。

一応タオルなどで隠してはくれますが、、、痛さは帰するところそこそこありますが、我慢可能な範囲。

通常は数か月以内に完了する事が好ましいのですが、業務の関連で良い間隔でいけず、9割程度脱毛は完了したものの最後の一押しが足りなかったかな、といったところで終了。

その上少々通えば完璧に脱毛できそうではありますが多額な割にさほど良いサービスを受けられたという感じは受けなかったので、現況ではたまに剃る程度で扱ってしています。

技術自分は問題なかったので、その点ではほぼ得心しています。

とどのつまり、毛が生えている部位を見られるというのは照れくさいものではあるので、たとえ疲れていても、単純作業の繰り返しで辟易していても、そこそこのクライアント応対は保ってくれなと思った経験談でした。